器を愉しむ”絵付け体験” 器に描く物語

毎週

10:00

京都府京都市左京区浄土寺石橋町29

陶磁器ブランド”SIONE”が制作している”物語のある器”。職人の手によって作り出された磁器の器、その白い肌に美しい金彩で描かれる物語は、日本が育んできた伝統的な製作方法を重んじながら、現代生活に溶け込むモダンなデザイン。日々の生活を彩る、新しい伝統工芸品です。その白い器をキャンパスにみたてて、巡る季節やご自身の物語を、愉しく描いてみてください!

体験内容

SIONEの絵付け体験について

こちらのコースで体験していただく技法は、金彩を使い筆で図案を描いていく技術です。自由にデザインを決めていただくこともできますし、迷われたときにはご用意した型紙の文様を写していただくこともできます。伝統文様や、モダンで季節に合う図案もご用意いたしますので、お好みのイメージに仕上げていただけます。

少々粘り気のある金彩で繊細な線を書くことには集中力と少しのコツがいりますが、出来上がりの喜びは格別です。

SIONEの器はご自身の「物語」を表現するためのキャンバスです。ぜひ器に描くご自身の物語をお楽しみください。

 

器を選ぶ

豆皿や小振りの抹茶茶碗サイズのWANなど、お好きなアイテムをお選びください。

*既に形成された白生地の中からお選びいただきます。

 

テーマを決める

ご自分の描きたい「物語」のテーマを決めていただきます。

 

デザイン画を書く

「物語」のテーマが決まったら、それを表現するデザインを書いてみてください。

*SIONEの器に使われるアイテムの型紙もご用意していますので、お好きなものを組み合わせていただくことも可能です。

 

金彩を描く(練習)

金彩で繊細な線を描くにはコツがいります。ご用意した豆皿に筆で金彩を描く練習をして、コツを掴んでいただきます。

 

下書きをする

器に鉛筆で下書きをします。

*型紙のアイテムをお使いいただく場合はカーボンでなぞって下絵をつけることも可能です。

 

金彩を描く

いよいよ器に金彩でイメージデザインを描いてただきます。 テーマと物語を心にいただきながら丁寧に、大胆に、自由に描いてみてください。

 

 

お茶の時間

器が完成したら、SIONECaféでリラックスタイム。くつろぎの和の空間、美しいSIONEの器とともに、ゆったりとおいしいお茶の時間をお楽しみください。

トータル1時間程度の体験です。

完成品のお送り

絵付けした器は焼成した後にお渡しできます(約1週間)。店頭でのお渡し、もしくはご郵送となりますことをご了承くださいませ。

体験詳細

毎週

10:00

京都府京都市左京区浄土寺石橋町29

<ご注意事項>
※予約制になります。
※お申し込み後、3日以内にお申し込み確認メールをお送りします。そのメールを持ってお申し込み受付完了とさせていただきます。
※万が一3日以内に確認メールが届かない場合は、お手数ですが再度お問い合わせください。
※ 準備の兼ね合いから、キャンセルの場合は前日12時までにご一報ください。それ以降のキャンセルは料金を全額お申受けいたします。
何卒ご理解のほどお願い申し上げます

オプション体験

*箏体験、茶道体験も同日に体験していただけます。
詳細内容についてはそれぞれのページをご確認ください。
*予約カレンダーにご希望の予約可能日が記載されて場合は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

器を愉しむ”絵付け体験” 器に描く物語

¥5000 / 人

予約する